読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

afternoonT

政治・経済・社会について考えを綴る、とある東大生の雑感ブログ。

日本にカジノは必要か

2日、いわゆる「IR推進法案」が衆議院内閣委員会を通過しました。

今国会中に参議院本会議で可決され成立すると予想されます。

 

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18901020.htm

 

この法案はカジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を、新たに設置する「特定複合観光施設区域整備推進本部」を中心に進めて行くことを規定した法案です。

まだカジノが解禁される訳ではありません。

 

条文の最後には法案を提出する理由がこのように書かれています。

 

『特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことが必要である。これが、この法律案を提出する理由である。』

 

経済・財政への好影響を期待して立法されていることが分かります。

特に外国人観光客の訪日を意識しているようです。

 

一部野党はギャンブル依存症などを挙げて批判していますが、

そうした負の影響を減ずる施策を義務付けることもこの法案には書かれています。

 

実際に日本初のカジノが誕生するかは今後の政府の動向次第です。

 

カジノの良い点と悪い点を天秤にかけて、どちらを取るのかは国民の総意にお任せしましょう。

 

ですが、一つ気になることがあります。

 

訪日外国人観光客は、果たして日本にカジノを求めて来ているのか?

 

カジノはフランス発祥と言われています。

今では全世界で2000軒、東南アジアにも既に複数のカジノが存在するようです。

今から参入する日本は厳しい競争環境に晒されます。

 

日本には他の国と差をつけられる、非常に魅力的な文化がたくさんあります。

言語の問題もあり、観光客が来ている地域は一部に限られてしまっているのが現状です。

またいわゆるクールジャパン的なコンテンツの世界への発信もまだまだ出来ると思います。

 

今持っているものをさらに磨き、日本本来の魅力を高めることにお金を使うのが先決ではないでしょうか。